会員N様の事例

事故発生場所

大阪府某所の工事現場にて

後頭部裂傷

擁壁の補修及び修繕工事のため、擁壁に登り作業を行っていた際に、足を滑らせ、約2m下へ転落。
後頭部を打ち、血が出たため、病院へ直行。

病院で診察を受けたところ、後頭部を約3cm切っていたため、縫合した。

労災給付状況

後頭部を強打していたため入院となり、裂傷の縫合後治療のため、様式第5号を作成。
仕事ができない状態と医者が判断し、休業給付申請をするために、様式第8号を作成し提出となった。

治療費、および薬価費用は負担なし。

まとめ

この事故も、今までの経験から大丈夫だろうという判断で起きたケースです。

確かに、この位の擁壁なら・・・と思ってしまうでしょう。
ただし、転落したらどうでしょうか?
そして、後頭部を打ってしまったら、顔面から落ちてしまったら・・・

そう考えると怖いものです。

安全に作業をすることは重要ですが、気を付けても、それでも起きてしまうのが事故であり、人間ならそこから逃げ抜けるのは不可能かもしれません。

仕事を遂行するために常に怖がっていては、業務に支障を来たします。それは皆さまも思っていることでしょうし、確かにその通りかもしれません。

ですから、特別に加入できる「労災保険」に加入することは、安心して仕事を行うための一つの手段、もしくはリスクヘッジなのかもしれません。

一番怖いことは、怪我で仕事ができなくなり、経済的に負担を強いられることです。

一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。