会員Y様の事例

事故発生場所

大阪府某所の工事現場にて

脳震盪・頭蓋骨骨折

新築の戸建て住宅の外装塗装工事のため、2階部分の足場へ上がり移動中に、誤って足を踏み外し落下。

頭部を強打し意識不明の状態だったため、救急にて搬送。

頭蓋骨骨折により入院。治療となる。

労災給付状況

病院に入院、および治療を労働災害として行うため、様式第5号を作成し、病院及び院外薬局へ提出した。
落ち着いてきたため、自宅近くの病院へ転院するため様式第6号作成。
入院治療において仕事ができない状態にあるため、様式第8号を作成。
休業補償給付の申請をおこなった。

治療費、および薬価費用は負担なし。

まとめ

戸建ての2階部分の外壁塗装のため、足場に登って作業となりますが、2階ですからそれほど高い(今回は約2.2m)場所ではないと判断してしまった結果、転落し頭蓋骨を骨折してしまいました。

私もですが、2階は慣れているためそれほど高く感じません。

しかし、そこから転落したらやはり大怪我をしてしまうでしょう。

フルハーネス義務化は、作業する方にとって本当に動きづらいものですが、仕事ができなくなっては身も負担もありません。

自分の身の安全を確保して、フルハーネスにも早めに慣れていきましょう。

一日も早い回復を心よりお祈り申し上げます。