通勤災害(第三者行為災害)

建築現場から幹線道路をハイエースで帰宅中、右サイドの店舗から急発進してきた車が衝突。ハイエースは右前面から側面にかけてえぐれてしまい、車は廃車。S様は右足の人差し指粉砕骨折、中指複雑骨折、首から上半身にかけて打撲及び頸椎捻挫の重症を負う。入院と手術をしているが、仕事ができない状態が続いている。現在も療養と治療を繰り返している。

労災保険給付状況

  • 休業補償として、給付基礎日額の8割を仕事ができない状態である日数分を給付中
  • 入院・手術・治療・薬の費用は全額国が補償
  • 通院での治療・薬の費用は全額国が補償

今後の見立て

現在も痛みを伴い仕事ができない状態である。医者には再々度手術をするかどうか検討中と言われているが、完治はせず、障害が残るであろうといわれている。当部会では、医者の診断書を元に、障害が残った際には障害給付を出す準備中である。